だんだんと気になり始める薄毛。男女関係なく年齢とともに進行していき、特に男性に多く薄毛の方が見られます。現代社会には薄毛に悩む方が数え切れないほどいらっしゃいます。
そして、ドラッグストアなどで育毛剤を見かけると、ついつい目で追ってしまう方がほとんどです。薄毛の原因は男女によって異なります。また個人差も大きくあり、原因は様々です。
遺伝性のものもあれば、ストレスや過度なダイエットからくる後天性のものも存在します。

  • ドラッグストアへ行ったものの、種類が沢山あり、どれを使ったらいいかわからない。
  • 育毛剤というと、男性が使用するイメージが強いため、女性が使えるものが知りたい。
  • そもそも、どういう効果があるのかわからない。

という方はぜひ、口コミを参考にしながら購入を検討してみてください。インターネットで検索すると、実際に薄毛に悩み、数多くの製品を試してきたユーザーの情報がたくさん出てきます。
そして、評判の良い優秀な製品がランキング形式で表示されます。今回は、口コミ情報を参考に、育毛剤の種類や選び方、購入方法について比較しながら紹介していきます。

そもそも育毛剤って何?効果について知ろう!

看護師が教えてくれる違い

「薄毛に悩み始めたら育毛剤」とよく言いますが、そもそも育毛剤が何なのかイマイチ理解していない方がほとんどです。人付き合いや恋愛、外見を見られる場面において真っ先に目がいくのが髪型や髪の量かと思います。
髪はその人自身であり、その人の外見を構成していると言っても過言ではありません。薄毛のせいで恋愛や人付き合いが上手くいかなくなった方も大勢いらっしゃいます。
そのため、特に男性は薄毛であるかどうか関係なしについつい目がいってしまいうかもしれません。
男性のみならず、女性でも薄毛に悩んでる方は沢山いらっしゃいます。今回、口コミで人気の育毛剤を比較する前に、育毛剤とその効果について説明していきます。
育毛剤とは、髪の毛の成長を促進する成分を含む製品のことです。育毛剤の主な目的としては、現存している毛を太くしっかりとしたものにすること、頭皮環境を改善し育毛促進や薄毛予防を行うことの2つが挙げられます。
頭皮が土壌であるならば、そこに生えてる髪は植物です。土壌(頭皮)をより良くし、立派な植物(髪の毛)を育てるために使用する育毛剤は肥料とも言えます。
そのため、育毛剤には失われた頭皮の栄養を補給し、育毛に良質な頭皮を造りあげるための成分が多く含まれています。
他にも、薄毛の原因となる男性ホルモンの増加を抑える成分の入ったものや、固くなった頭皮を柔らかくし、血行を促す成分が含まれるものや、皮脂の分泌を抑える効果のある育毛剤が存在します。
いずれも頭皮マッサージを組み合わせながら使用すると効果的です。また、育毛剤の他に「発毛剤」と「発毛促進剤」があります。
似たような扱いをされることがありますが、育毛剤と発毛剤は全く異なるものです。

育毛剤と発毛剤の違い

薄毛を気にする男性

育毛剤が現存している髪を強くし、育毛環境を整えるものであることに対して、発毛剤は様々な原因により毛が抜けてしまった状態のときに使用するもので、髪の毛の元となる毛母細胞に働きかけを行い、再び元の毛を生やすようサポートを行う薬です。
名前の通り、毛を生やすための薬で、なおかつ厚生労働省から認可を受けた製品になるので、殆どのものは効果が強く、医師の診察が必要な医薬品となります。
発毛促進剤は発毛剤同様、髪の毛を生やすことを目的として開発された製品となります。
厚生労働省の指定を受けていない医薬部外品です。しかし、全く効果がないわけではなく、科学的な立証がされていないだけで、発毛剤より安価に入手することが可能です。
また、効果が緩やかな傾向にあります。発毛剤は、何らかの原因で脱毛されている方を対象としています。
育毛剤の口コミの中には「効果が無い」と書かれているものを見かけますが、育毛剤は現存している毛を強く太くすることを目的に開発・製造販売されているため、毛のないツルツルの頭皮に塗布しても効果は発揮されません。
発毛剤と育毛剤の違いを理解しておくことが大切です。薬は自分の症状に見合った正しいものを使わなければ効果がありません。
また、効果には個人差があるため、すぐに効果を発揮する方や、なかなか改善されない方などいろんな方がいらっしゃいます。
最低でも3ヶ月~6ヶ月試してみて、それでも効果が見られなければ、他の製品を試してみることをおすすめします。
先程記述したように、「育毛剤は効果が無い」と口コミに書かれている方が多数いらっしゃいますが、自分の症状に見合った製品を使えば、市販のものでも薄毛の改善に十分な効果を発揮します。
最近では、女性向けの製品も販売されています。
男性の薄毛が男性ホルモンの増加が主な原因であるのに対して、女性は、ストレスや過度なダイエット、睡眠不足などによって頭皮が栄養不足になり、薄毛に繋がる場合がほとんどです。
そのため、女性用育毛剤には髪に必要な栄養が豊富に含まれたものがほとんどです。
また、女性用はイソフラボンなど、女性ホルモンを含んだマイルドかつ低刺激な育毛剤であることに対し、男性用は男性ホルモンの抑制、フケやかゆみの抑制に特化した刺激のあるサッパリとした付け心地の育毛剤が数多くあります。
上記のことを踏まえた上で、育毛剤の種類について説明していきます。

育毛剤にはどのような種類がある?

育毛剤には大きく分けで5つのタイプがあり、更に、服用するタイプと、直接頭皮に塗るタイプの2種類が存在します。
それぞれ髪の症状に合わせて使用することで、育毛効果を発揮します。
自分の髪の症状と口コミランキングを比較しながら評判の良い製品の購入を検討してください。

男性ホルモン抑制タイプ
毛の減少には、男性ホルモンが大きく関係しており、ホルモンが増えること(もしくは、女性ホルモンの減少)により、毛が減少するパターンが存在します。 生え際や頭頂部の薄毛が気になる方には、こちらの抑制タイプの育毛剤が効果を発揮します。 ランキング上位にある評判のある優秀な製品のほとんどは、こちらのタイプです。 また、男性ホルモンというと、男性だけかと思いがちですが、女性でも過度なストレスやダイエットなどでホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが多く分泌されることもあります。
皮脂分泌抑制タイプ
頭皮の皮脂の過剰な分泌により、毛穴が詰まってしまい、髪の成長が阻害され、薄毛の症状が出る場合があります。 頭皮が脂っこいと感じる方が使用されるのが、皮脂分泌抑制タイプの育毛剤です。 頭皮の環境を正常に整え、改善することで、髪の成長を促すことが目的となります。
毛母細胞活性タイプ
髪の毛が細くなってしまう原因としては、亜鉛やビタミンなどの栄養が欠如し、髪の成長が妨げられていることが挙げられます。 髪の毛は、毛母細胞が分裂を行うことで成長するため、栄養が行き渡っていないと、成長せず、細い髪の毛が育ってしまいます。 毛母血管活性タイプの育毛剤には、髪の毛に栄養を与えてくれる成分が含まれおり、太くて強い髪を育ててくれるので、髪の細さに悩んでいる方が使っています。
頭皮保湿タイプ
特に若い方には脂っこいイメージの強い頭皮ですが、頭皮も乾燥します。乾燥しすぎると、フケや細菌、かゆみが発生してしまいます。 また、乾燥により水分が失われることで、紫外線などの外部からの刺激に耐えられなくなり、抜け毛へと繋がるため、冬場など、空気が乾燥する季節には特に注意して頭皮の保湿を行う必要があります。 頭皮保湿タイプの育毛剤は、薄毛の予防に活用されることが多くあります。頭皮の保湿を行い、育毛環境を整えることが大切です。
血行促進タイプ
頭皮の血流が悪いと、髪の毛に酸素や栄養が行き渡らず、抜け毛や育毛阻害につながります。 男性ホルモン抑制タイプの育毛剤と同じく、頭頂部の薄毛などが気になる方が使用されています。 選択の基準としては、ホルモン抑制タイプの育毛剤に効果が見られなかった方のほとんどは、こちらの血行促進タイプに切り替えたあとに育毛効果が発揮されています。
直接塗るタイプの育毛剤
古くからある方法で、自分で塗る量や場所を調整することが可能です。 頭皮に直接塗るため、肌に合わなかった場合、アレルギー症状や炎症などを起こしてしまう可能性がある、というデメリットが存在します。 また、塗るタイプにも、頭部に育毛剤を噴射して塗布するスプレー式のものや、直接手で塗ってつける液体やクリーム状のものなど、多数存在します。 液状のものは、頭皮を揉み込みながら使用するため、頭皮の血行促進も同時に促すことができます。また、クリーム状のものは、液だれしにくく、しっかりとポイントへ塗布しやすいというメリットが存在します。
飲むタイプの育毛剤(発毛剤)
最近になって登場した、新しいタイプの育毛方法です。 錠剤を服用することで、身体の中から育毛を促進する目的があります。 外用薬と違い、血液に吸収されることで全体的に効果が発揮されるので、ムラなく育毛促進を行うことが可能です。

いずれも、医薬品と医薬部外品が存在します。
医薬品は薬事法により定められていることもあり、ドラックストアなどで販売されている医薬部外品よりは、効果が高いとされています。
まずは、口コミを確認し、ランキング上位の評判の高い市販品を試してみて、効果がなければ、育毛専門のクリニックへ行き、自分の症状に見合った育毛剤を選択し、購入を検討することが大切です。

育毛剤はどうやって購入したほうがいい?

5種類のタイプの育毛剤を紹介しましたが、それぞれの髪や頭皮の状態に合った製品でなければ効果は発揮しません。
それどころか、症状が悪化してしまう可能性もあります。ユーザーが利用している育毛剤の購入手段は主に病院、ドラッグストア(薬局)、インターネット通販の3種類となります。
それぞれにメリット・デメリットが存在しますので、口コミを参考にしながらご紹介します。

病院
医師の診断の元、ユーザーの症状に見合った医薬品を処方してもらえます。
医薬品は、医学的根拠に基づいて製造・販売されていることもあり、効果は最も高いと口コミでも話題です。
一般的に、皮膚科を受診することが多いですが、薄毛を専門とした、専門医がいるクリニックも数多く存在します。
専門的な観点から症状を分析し、ユーザーに見合った薬を処方してくれるので、安心して治療に臨むことができます。
また、塗るタイプの育毛剤だけでなく、錠剤を服用するタイプの育毛剤も取り扱っているので、気になる方は積極的に受診し、説明を受けてみるといいかと思います。
しかし、専門のクリニックへ行くと、一度にかかる治療費が高いことから、敬遠されがちなのが実情です。
ドラッグストア
医薬部外品が多く、手に取りやすい安価な価格になるよう製造販売を行っていることもあり、効果は病院のものより劣ります。
しかし、入手の手軽さからユーザーから人気のある購入方法です。
中には高価な育毛剤を取り扱っているお店もあります。
薄毛に悩み始めたばかりの方や、とりあえず市販品を試してみたい方にはおすすめの購入方法と言えます。
インターネットで検索すると、おすすめの育毛剤の口コミや商品がたくさんヒットしますので、自身の症状と見合わせながら参考にすると、購入の際に役立つかと思います。
まずは、市販薬を試してみて、効果がなければ専門のクリニックへ行ってみるといいでしょう。
インターネット通販
通販で育毛剤を買う男性最近では、店頭では手に入らない、国内で研究・製造販売がなされている優秀な育毛剤も数多く存在します。
ドラッグストア同様、安価なものから高価なものまで様々なものがありますが、中には医師の許可がないと販売できない育毛剤も、手軽に手に入れることができるようになりました。
「インターネットで買えない育毛剤はない」と言ってもいいほど、その種類は豊富です。
ドラッグストアでの育毛剤選び同様、口コミを見てみると、人気のある優秀な育毛剤が数多くヒットします。
薬局とインターネット通販に関しては、自由に好きな育毛剤を選ぶことができる反面、使用に関しては自己責任となりますので、商品選びは慎重に行うようにしてください。
また、販売されている市販のものには、育毛剤にも液状タイプ、スプレータイプ、クリームタイプなど数多く存在します。
液漏れが気になる方はクリームタイプ、全体的に素早く塗布したい、クリームは髪がベトベトするから気になるという方には、スプレータイプを是非おすすめします。
どこで購入するのが一番なのかは人それぞれの症状によって異なるので、一概には言えませんが、髪の悩みというのは他人に相談しずらいものです。
一人ひとりが違うように、頭皮の状態や薄毛の原因もそれぞれ異なります。
恥ずかしいかもしれませんが、病院で頭皮をしっかりと診察してもらうことが、薄毛改善に繋がる最も有効な手段と言えます。
しかし、通院代も安いものではありません。
金銭的に厳しい、もしくは、まだ薄毛が気になる程度だから病院に通うのは早い気がする、という方は、病院に通院する前に、口コミで人気の育毛剤を試すもありかと思います。
治療費よりも安く済みますし、毎日自宅で頭皮ケアを行うことができるので、通院する手間を省くことができ、なにより手軽に薄毛対策を行うことができます。
また、インターネットで購入した場合、効果があるかわからないのに、高い育毛剤にお金をかけるのは嫌だ!という初めて購入される方でも安心な全額保証制度がついている製品もあります。
ランキング上位にある製品を比較してみると、ほとんどの製品に保証制度がついています。
開発した企業が自信を持っているからこそできる技でしょう。
そして評判が良いからこそ、高い評価の口コミを獲得できるわけです。
万が一効果を体感できない場合は返品し、別の育毛剤を試してみることをおすすめします。
複数の製品を比較し、使用しているうちに自分にあったものが見つかります。