育毛剤とはちがうAGA治療薬の効果について

AGA治療薬は病院で処方される薬であり、確かな医学的根拠を認められているものです。
巷にはたいへん多くの育毛剤が販売されていますが、それらにはわけの分からない成分が含まれていたり、効果が本当にあるのかどうか怪しいものも多く、残念ながら薄毛に悩む方を相手にお金儲けするだけの商品もたくさん存在するのです。
しかしAGA治療薬は男性の抜け毛のメカニズムにダイレクトに働くことができ、症状の緩和、そして再び元気に生えてくる状態を取り戻すことができることから、これまでに多くの薄毛男性に選ばれています。
もちろん市販される育毛剤にも髪を元気に健やかな状態にするものもありますが、ただし血行などを改善させたりするような働きが主であり、男性の抜け毛のメカニズムを根本から治療するような育毛剤はほとんどないといってよく、病院処方のものよりも効果が弱かったりするのです。
AGA治療薬の代表選手となるとやはりプロペシアとなります。
有効成分としてフィナステリドが含まれているのですが、これはもともと海外における前立腺肥大症の薬であり、使用される方に毛髪の成長が認められたので、その後薄毛に悩む方向けの治療薬として販売されることになったのです。
具体的な働きとしては、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結びつく反応を抑制し、毛母細胞の成長を妨害するジヒドロテストステロンの発生を抑えることになります。
これによって毛髪の成長サイクルが正常に戻り、薄毛を改善させることができるのです。
一般的なAGAはこのプロペシア、またフィナステリドが含まれたジェネリック医薬品(フィンペシア)の服用が基本的な治療になるのですが、人それぞれの薄毛の進行度や体質によっては他にも様々な治療薬、治療法を選んだり組み合わせることになり、AGA専門クリニックでは丁寧なカウンセリングを行って最適な治療を提供しています。
その一環としてプロペシアなどの内服薬だけでなく、ミノキシジルが含まれた育毛剤を処方、複合的な治療で症状の改善を目指していきます。
また、ケトコナゾールを含むケトコナゾールシャンプーを使用するのもおすすめです。ケトコナゾールは真菌の細胞膜合成を阻害し、抗真菌作用を発生させることで抜け毛や頭皮のフケなどを防ぐ効果があります。
AGAの治療は頭皮を清潔に保つことから始まります。プロペシアやミノキシジルを使うことも良いですが。ケトコナゾールシャンプーも使い頭皮を清潔にすることで効率よくAGA治療が可能になるでしょう。
ケトコナゾールシャンプーをこちらで買いました

AGA治療薬に副作用はないの?

副作用に苦しむ男性

多くの男性の薄毛に効果のあるプロペシアなどのAGA治療薬ですが、薬である以上気になるのは副作用となります。
日本で認可される前には当然臨床試験を行っているのですが、その際にわずかですが治験者に胃に不快感を感じる方がいたり、また射精障害や男性不妊症、精子運動性低下、そして性欲減退を感じる方もいたようです。
これは男性ホルモンの化学反応に働きかけるフィナステリドの性質上ある程度は覚悟しておかなければならないかもしれません。
またフィナステリドには他にも頭痛、めまい、発疹、じんましんなどが発生することもありこちらも注意が必要です。そして頻度は不明ながら、肝機能障害のリスクも報告されています。
またAGA治療薬でも主に塗り薬などの育毛剤的な処方薬に使われている成分のミノキシジルにも副作用はあり、低血圧、不整脈、多毛症、頭皮のかゆみ、かぶれが生じる可能性があります。
ミノキシジルはもともと高血圧の方向けの治療薬でしたので、血圧が下がってしまうのはしょうがないと言えるのですが、人によってはその効果が強すぎるので注意が必要です。
また多毛症は毛が増えるのでうれしいことなのでは?とも思いがちですが、頭髪に限らず全身の毛が濃くなってしまいますから、あまり喜べるような状態ではありません。
フィナステリドやミノキシジルには薬である関係上副作用があるわけですが、それはこれまで世界中で多くの男性が使用した結果判明したことで、同様にほとんどの方には副作用がでないことも確認されています。
そういった意味ではかなり安全に使用することができ、加えて高い治療効果を得られるものですので、悩んでいる方はすぐにでも専門クリニックなどに出向いてみることをおすすめします。